<チャンネルガイド2022年4月号に
掲載した内容です>

2022年3月22日

やちまた混声合唱団定期演奏会

松阪市を中心に活動するやちまた混声合唱団が定期演奏会を開く。やちまた混声合唱団は1993年に発足。来年30周年を迎える。合唱団の名前は、本居宣長の息子で江戸時代の国語学者、本居春庭が執筆した動詞活用の研究書『詞の八衢』(ことばのやちまた)から取って名付けられた。団員は60代から80代の60人で、月に2回集まって練習している。コロナ禍で活動が制限される中、広い会場で間隔を空けて練習するなど、工夫をして続けてきた。

今回の定期演奏会では、第一部は合唱組曲「水のいのち」、第二部では多くの人が馴染みのある「365日の紙飛行機」や「あの鐘を鳴らすのはあなた」などのポップス、そして第三部ではオーケストラを入れたミサ曲「フォーレ レクイエム 1893年版」を披露する。
代表の馬場吾郎さんは「合唱をしっかり楽しみたい方だけでなく、ポップスを聴きたいという人も楽しめるはず。みなさんそれぞれに楽しんでもらいたい。」と話す。団員の高羅文子さんは「みんな音楽が大好きで集まっています。来ていただいた方に喜んでもらえたら嬉しい。演奏会が楽しみです。」と声を弾ませる。第一部から第三部まで合唱の魅力がたっぷり詰まった定期演奏会。団員達が生み出す美しいハーモニーに注目したい。

◆やちまた混声合唱団 第17回定期演奏会
 指揮:向井正雄
場 所/クラギ文化ホール(松阪市川井町690-1)
日時/2022年4月17日(日)午後2:00開演(午後1:30開場)
チケット/前売り券 1,000円
お問い合わせ/やちまた混声合唱団(馬場代表)0598-29-6622