1. Top
  2. このまちえぇやん
  3. 【vol.50】 松浦武四郎記念館 展示 旅に生きた武四郎

このまちえぇやん

<チャンネルガイド2020年7月号に掲載した内容です>

武四郎の旅のメモ帳

松浦武四郎記念館 展示 旅に生きた武四郎
更新日:2020年6月22日
2016年から始まったこのコーナーも今回で50回目。今回は第1回で寄稿いただいた、松浦武四郎記念館の山本主任学芸員に企画展をご紹介いただきました。


 北海道の名付け親として知られる松浦武四郎。 
 しかし、彼が2万kmを超える道のりを歩いた「旅の達人」であったことは、あまり知られていません。
 武四郎はなぜ旅を志したのでしょうか。
 そのきっかけは、彼が生まれ育った環境にありました。
 武四郎の家は伊勢街道沿いにあり、江戸時代は伊勢参りの旅人が多
く行き交いました。
 武四郎が13歳の頃に起こった「文政のおかげ参り」の際には、阿波国(徳島県)の妙楽寺というお寺から、内緒でこっそり伊勢参りに来た少女が、風邪をひいて困っていたところ武四郎の家で看病してもらい、無事に徳島のお寺へ帰ることができたようです。今回の展示では、そのことを感謝する手紙を展示していますが、この時家にいた武四郎は、少女から旅の話を聞いて大きな刺激を受けたことでしょう。
 その後、武四郎は16歳で家を出て江戸へと旅立ちますが、その時の手紙も展示しています。そこには、「この先私は江戸、京都、大阪、長崎、唐(中国)または天竺(インド)まで行くかもしれません」と記しています。諸国をめぐる旅では朝鮮半島へ渡ろうと対馬まで行っていることから、武四郎が人並み外れた行動力の持ち主であったことがわかります。

16歳で家を出る時の手紙

 武四郎の旅は、ただ「歩く」だけではありませんでした。見た景色や、聞いた話を小さなメモ帳に記録し、そして本にまとめています。
 今回の展示では、手のひらほどの小さなメモ帳に福岡県糸島市の名所「芥屋の大門」や「桜井神社の境内」のスケッチのほか、旅で用いた筆記用具「矢立」もご覧いただけます。
 また、青森や秋田、佐渡を旅した記録や、晩年に菅原道真を信仰し、京都の北野天満宮、大阪天満宮、福岡の大宰府天満宮に奉納した直径1m以上、重さ120kg以上もある巨大な銅鏡の拓本も展示しています。武四郎の足跡は北海道だけではなく、沖縄以外の日本全国に及んでいるのです。
 そして、人生の最後を過ごした畳一畳の書斎「一畳敷」を再現した部分もご覧ください。武四郎がこれまでの旅の人生を振り返るために作った部屋は畳一畳の広さしかありませんが、そこに使われた木は全て日本各地から贈られてきたものでした。
 旅を愛し、旅に生きた武四郎の姿を、この展示を通してみなさまにぜひご覧いただければと思います。
           文/山本 命主任学芸員(松浦武四郎記念館)

武四郎の旅の足跡(三重県総合博物館 学芸員 太田光俊氏作成)

展示「旅に生きた武四郎」
◆開催期間:2020年7月12日(日)まで開催 ※月曜休館
◆場  所:松浦武四郎記念館(松阪市小野江町383)
◆電  話 0598-56-6847


山 本 命(松浦武四郎記念館 主任学芸員)--------------------------------
平成13年から記念館の2代目学芸員を務める。松阪市だけでなく東京や北海道などでも講演を行い、NHK総合「歴史秘話ヒストリア」や、松阪市行政チャンネル「松阪歴史探訪」などにも出演。優しい語り口調とわかりやすい解説が好評。

過去の掲載分

502020年6月22日松浦武四郎記念館 展示 旅に生きた武四郎492020年5月20日志摩のあじさいの寺482020年4月20日城跡を彩る大きな藤472020年3月19日始まりは小学校の校庭から 樹齢150年のしだれ桜462020年2月20日700年伝わる神事 今年の天狗は高校生452020年1月20日世襲で受け継がれてきた 前野のお頭神事442019年11月20日職人が作る大台町の新土産432019年10月21日多気へ“おいない” おいないまつり422019年9月20日アコヤ貝の霊を鎮める真珠祭412019年8月16日観音供養 上野会式(うえのえしき)402019年7月19日300年以上続く八朔祭り(はっさくまつり)392019年6月20日鮎を投げ入れて占う 「おんべまつり」382019年5月20日サーフィンが出来る環境に感謝して「関西オープン」372019年4月19日自然の姿を見る 波瀬植物園362019年3月20日自生のヤマツツジを楽しむ 大平つつじ山まつり352019年2月22日着物で厄参り行列 家族の絆を深める342019年1月21日江戸時代から続く 大紀町錦の赤船祭り332018年12月20日一糸乱れぬ高度な演技 多気町消防団の梯子乗り322018年11月20日約200人で歌う松阪の第九312018年10月20日合併以来続く大台町のまつり302018年9月25日秋の夜長に四五百之森コンサート292018年8月20日地域で、学校で、伝統芸能を伝える。282018年6月20日変わらない風景   蓑村の虫送り272018年4月20日60mの藤棚の下 東作さんを偲ぶまつり262018年3月22日1300年続く伊勢山上の戸開け式252018年2月21日地元の歴史を舞台で伝える 劇団白つばき242018年1月23日大台町川添神社に伝わる奇祭 「マダラーク マンザイ」 五身懸祭232017年12月20日鼻かけえびすを囲み初笑い222017年11月20日柚子香る冬至イベント~地の物を、生産者の手で~212017年10月20日人達(みなび)の力、空にあがる みなびまつり202017年9月20日献灯ローソクの炎で文字を描く祈願祭 来迎寺元三大師会式「炎の祭典」192017年8月20日迫力の海上渡御 大淀祇園祭182017年7月20日元禄から続く神事 “射和祇園祭”172017年6月20日祝詞川ホタルまつり、10年目へ162017年5月20日笑顔になるイベント あわび王国まつり152017年4月20日松阪から全国へ 菓子に込める思い 楽菓往来 都古水月本店/中央店142017年3月20日400年以上続く伝統神事 『長龍神事』132017年2月20日大台アウトドアフェスティバル2017122017年1月20日海と山の町、錦 大漁と豊作を願う 錦八幡祭112016年12月20日年始は志摩の海産物で家族団欒 御食つ国・志摩 年末海族市102016年11月20日牛を愛し人を愛し 地域を愛する 松阪牛まつり92016年10月20日山の自転車で、 ヤマジテ。82016年9月20日寝殿造りの建物で 平安貴族気分の観月会72016年8月20日花火との距離、 反響する音 錦花火大会62016年7月20日松阪祇園まつり52016年6月20日伊勢えびに感謝し、大漁を願う 伊勢えび祭42016年5月20日斎王まつり32016年4月20日宣長先生の奥座敷22016年3月20日初午大祭みやげ ねじりおこし12016年2月20日北海道の名付け親 松浦武四郎