1. Top
  2. このまちえぇやん
  3. 【vol.22】 柚子香る冬至イベント~地の物を、生産者の手で~

このまちえぇやん

柚子香る冬至イベント~地の物を、生産者の手で~
更新日:2017年11月20日
2017年の冬至は12月22日。
 冬至といえば、柚子やかぼちゃを思い浮かべる人も多いのでは。
柚子料理が振る舞われるイベントが大台町で開かれる。道の駅奥伊勢おおだいの『冬至イベント』。地元野菜がたっぷり入った柚子鍋が振る舞われる。
 道の駅奥伊勢おおだいでは、18年前から毎月季節のイベントを行っている。日頃の来館者への感謝の気持ちを伝える感謝祭として始めたそうだ。現在では月に一度、日曜日に開いていて、春には新茶、夏には夏野菜、秋には新米など、毎月季節に合わせたテーマを設定している。いつも道の駅に野菜を出品している地元生産者と協力していて、生産者が作る季節の料理が目玉だ。地の物を、その地で、生産者が一番美味しい調理法で提供してくれるなんとも贅沢な振る舞いイベントだ。
 12月のテーマは、冬至。冬至に近い日曜日、12月17日に行われる。当日は柚子鍋が振る舞われる。地元の野菜をたっぷり入れた、柚子の風味豊かな鍋だという。
 また、冬至といえば、かぼちゃ。この日はかぼちゃの羊羹の振る舞いもある。振る舞いはこの2つだけではない。道の駅奥伊勢おおだい名物“でたらめ焼き”も振る舞われる。でたらめ焼きとは、地元で採れた、しいたけとお茶の粉を練り込んで焼いたお好み焼きのような食べ物で、『でたらめに』いろいろ入っているというのが名前の由来だ。でたらめ焼きのファンも多く、いつも行列が出来て、すぐになくなってしまう人気メニューだ。

かぼちゃ羊羹(200食限定)

 また、この日はおトクで楽しい『野菜釣り』も実施。地元で採れた新鮮な野菜を、1回100円で釣り上げることが出来る。
 濵井駅長は「道の駅奥伊勢おおだいでは、毎月季節のテーマに合わせた振る舞いイベントを行っています。無くなり次第終了ですが、ありがたいことに開始30分でなくなることもあり、このイベントが定着してきたことを感じています。当日は、地元の農家さんと協力して美味しい季節の料理をご用意しています。ぜひお召し上がりください。」と話している。

野菜釣りの様子

道の駅 わいわい市 冬至イベント

2017年12月17日(日)午前10時~無くなり次第終了
※開始すぐに無くなることもあるのでご注意ください。

■場 所:道の駅奥伊勢おおだい
   野菜釣り(100円)

[ふるまい]
柚子鍋(先着200食)、かぼちゃ羊羹(先着200食)、でたらめ焼き(なくなり次第終了)

放送予定日

道の駅 わいわい市 冬至イベントの模様は12月18日(月)午後6時からのニュースMCTVで放送予定。
222017年11月20日柚子香る冬至イベント~地の物を、生産者の手で~212017年10月20日人達(みなび)の力、空にあがる みなびまつり202017年9月20日献灯ローソクの炎で文字を描く祈願祭 来迎寺元三大師会式「炎の祭典」192017年8月20日迫力の海上渡御 大淀祇園祭182017年7月20日元禄から続く神事 “射和祇園祭”172017年6月20日祝詞川ホタルまつり、10年目へ162017年5月20日笑顔になるイベント あわび王国まつり152017年4月20日松阪から全国へ 菓子に込める思い 楽菓往来 都古水月本店/中央店142017年3月20日400年以上続く伝統神事 『長龍神事』132017年2月20日大台アウトドアフェスティバル2017122017年1月20日海と山の町、錦 大漁と豊作を願う 錦八幡祭112016年12月20日年始は志摩の海産物で家族団欒 御食つ国・志摩 年末海族市102016年11月20日牛を愛し人を愛し 地域を愛する 松阪牛まつり92016年10月20日山の自転車で、 ヤマジテ。82016年9月20日寝殿造りの建物で 平安貴族気分の観月会72016年8月20日花火との距離、 反響する音 錦花火大会62016年7月20日松阪祇園まつり52016年6月20日伊勢えびに感謝し、大漁を願う 伊勢えび祭42016年5月20日斎王まつり32016年4月20日宣長先生の奥座敷22016年3月20日初午大祭みやげ ねじりおこし12016年2月20日北海道の名付け親 松浦武四郎