<チャンネルガイド2020年9月号に
掲載した内容です>

2020年8月20日

波瀬の花を独自の視点で切り取る

 飯高町波瀬にある波瀬駅。道の駅飯高駅の姉妹店で、奈良との県境に近い場所にある。現在この波瀬駅では、昨年から今年にかけて撮影された波瀬の花の写真が展示されている。
 撮影したのは波瀬に住む、大野弘さん。波瀬駅で写真展を開くのは今回で5回目だ。大野さんは山登りが好きで、カメラを持って山に登るうちに写真も趣味になり、撮影を続けてかれこれ40年ほどになる。元々大阪に住んでいたが、波瀬地区の山や自然に魅了されて5年前に波瀬に移り住んだという。

「彩色絢美」

 大野さんは「人の目で見える世界とファインダーを覗いた先の世界は違う。人の目では見えない色やぼかし具合を楽しめるのが写真の魅力」と話す。これまで地元のお客さんに「これどこの写真?」と聞かれ、「あなたの家の近くですよ」と答えるとすごく驚かれることもあったそうだ。見慣れている場所でも写真に写すと違って見えるのは、写真の醍醐味と言えよう。
 展示されている大野さんの花の写真は、風景をぼかすテクニックが使われていて、花本来の美しさが一層際立っている。しかし大野さんは「ほかの人が撮った写真を見るとまだまだだと思います。今後撮りたい写真は東北地方の山の紅葉など、ひとつひとつあげるときりがない」と言う。これからまた大野さんの目がどのような花や風景を写すのか楽しみだ。

今年撮影したハゼユリ「朝露」

第5回大野弘写真展~花の色は~
期間/2020年7月16日(木)~9月15日(火)まで
場所/波瀬駅(松阪市飯高町波瀬148)
    ※波瀬駅は道の駅ではありません。
電話/0598-47-0828
営業時間/10:00~16:00
定休日/水曜日