1. Top
  2. インターネットサポート
  3. メール設定
  4. 新規でメールソフトの設定を行う場合
  5. メール 10.1の初期設定方法

インターネットサポート

新規でメールソフトの設定を行う場合

メール 10.1の初期設定方法

設定を始める前に、お客様にお渡しさせていただきました『設定項目表』をご用意下さい。
ここでは、メール10.1での設定例をご案内致します。
その他のメールソフトにつきましては、それぞれのマニュアルをご確認下さい。


手順1.

メールアイコンをクリックし、「メール」を起動して下さい。


※デスクトップ上のアイコンがない場合、【移動】を選択し【アプリケーション】をクリックして下さい。


【アプリケーション】画面からメールを起動して下さい。


※初めてmailを起動された場合は手順4へお進み下さい。


手順2.

メニューバーから【メール】を選択し、【環境設定】をクリックして下さい。


手順3.

「アカウント」画面の左下の【+】アイコンをクリックしてください。


手順4.

『メールアカウントのプロバイダを選択』画面で【その他のメールアカウント】を選択し【続ける】をクリックして下さい。


手順5.

『メールアカウントを追加』画面で以下を入力して下さい。

【氏名】 任意の名前(ここに入力された文字列が、メールを送信した時に相手側に届く名前になります)
【メールアドレス】 設定項目表の『メールアドレス』(お客様にてメールアドレスを変更されている場合は、変更後のメールアドレスを入力して下さい)
【パスワード】 設定項目表の『パスワード』(お客様にてパスワードを変更されている場合は、変更後のパスワードを入力して下さい)

入力後『サインイン』をクリックして下さい。


手順6.

以下を入力してください。

【メールアドレス】 お客様の『メールアドレス』
【ユーザー名】  設定項目表の『アカウント』
【パスワード】  設定項目表の『パスワード』(お客様にてパスワードを変更されている場合は、変更後のパスワードを入力して下さい)
【アカウントの種類】 POP
【受信用メールサーバ】 設定項目表の『受信メール(POP3)サーバー』
【送信用メールサーバ】 mail.mctv.ne.jp

入力後、【サインイン】をクリックして下さい。
※この際、「アカウント名またはパスワードを確認できません。」というエラーが表示されていますが、無視して下さい。


手順7.

Mailを起動させた状態で、メニューバーから【メール】を選択し、【環境設定】をクリックして下さい。


手順8.

『アカウント画面』で作成したメールアカウントを選択の上、【サーバ設定】タブを選択し以下入力して下さい。

受信用メールサーバ(POP)

【接続設定を自動的に管理】 チェックをはずす
【ポート】 995
【TLS/SSLを使用】 チェックを入れる
【認証】 パスワード

送信用メールサーバ(SMTP)

【ユーザー名】 設定項目表の『メールアドレス』
【接続設定を自動的に管理】 チェックをはずす
【ポート】 587
【TLS/SSLを使用】 チェックを入れる
【認証】 パスワード

入力後【保存】をクリックして下さい。


手順9.

【アカウント情報】を選択しメールアドレスが設定中のメールアドレスになっていることを確認して下さい。

その上で、【メッセージ受信後にメッセージのコピーをサーバから削除】にチェックを入れ、削除するタイミングについて【すぐに】を選択して下さい。
確認後、画面左上の【×】をクリックして終了です。