1. Top
  2. ホームネットワークサービス

ホームネットワークサービス

MCTVホームネットワークサービスの画像 MCTVホームネットワークサービスの画像
外出先から家の様子を確認できます 外出先から家の様子を確認できます
室内スイングカメラの画像 室内スイングカメラの画像
屋外カメラの画像 屋外カメラの画像
玄関テレビドアホンの画像 玄関テレビドアホンの画像
その他商品画像 その他商品画像
サービスイメージ図 サービスイメージ図
各機器の紹介と料金の一覧画像 各機器の紹介と料金の一覧画像
ご利用例の画像 専用アプリ「ホームネットワーク」の紹介画像 ご利用例の画像 専用アプリ「ホームネットワーク」の紹介画像

※1 KX-HC600-W、VL-SGZ30の会話機能は、双方向通話が可能ですが同時に話すと音が途切れます。 KX-HC600-W、VL-SGZ30 と双方向通話すると、雑音が入ったり、通話が途切れたりするスマートフォン/ タブレットは、双方向通話に設定できません。自動的にプレストーク通話に設定されます。VL-WD813Kの会話機能はプレストーク式です。
※2 AndroidTM 4.1 以降を搭載し、Google PlayTM に対応したスマートフォン/ タブレット、または iOS9.0 以降を搭載した iPhone、iPad に対応しています。ご利用には専用アプリケーション「ホームネットワーク」のインストールが必要です。OS のバージョンアップに伴い「ホームネットワーク」アプリケーションが対応できるバージョンも変更になることがあります。機器の接続にはグローバルIP アドレス[IPv4] が付与されるインターネット接続環境と、UPnP 機能、「2.4 GHz」の周波数帯域に対応した無線ルーターが必要です。
※3 警戒モードへの設定が必要です。検知時にホームユニットから報知音が鳴り、スマートフォンに通知します(ホームユニットの報知音量はオフに設定することもできます)。
※4 撮影・録画をするためには、ホームユニットにmicroSD カード(別売)を挿入してください。
※5 録画中に再度センサー反応をすると録画時間は延びます。
※6「ホームネットワーク」は、AndroidTM 版はGoogle PlayTM、iOS 版はAppStore で提供します。
※7 DECT(DigitalEnhancedCordlessTelecommunications)はETSI (欧州電気通信標準化機構)の商標で、世界で広く普及している無線通信方式のひとつです。本カタログに掲載の製品はARIB(一般社団法人電波産業会)の標準規格「ARIB STD-T101」に準拠した1.9 GHz 帯の無線通信方式を採用しています。
※8本製品ではUPnP 機能と「2.4 GHz」の周波数帯域を使用します(5 GHzの周波数帯域では使用できません)
※9グローバルIPアドレス[IPv4]が付与されるインターネット接続環境をご用意ください。 ●液晶画面はハメコミ合成です。