1. Top
  2. 番組審議委員会・番組基準
  3. 第41回放送番組審議会 議事録

番組審議委員会・番組基準

第41回放送番組審議会 議事録

日 時 平成29年9月22日(金) 午前10時30分~12時00分
場 所 松阪ケーブルテレビ・ステーション株式会社 本社2F会議室
参加者 古市仁会長 門暉代司副会長 岡井一代委員 中世古二生委員 奥田清子委員 木村純子委員
酒井由美委員 北岡和成委員 川口富弥委員
オブザーバー 岡田久氏(松阪市秘書広報課) 鈴木智絵氏(松阪市秘書広報課)
欠 席 中井勝利委員
事務局 伊藤社長 髙杉専務 新宅常務 山林部長 三宅課長 高瀬課長(記録) 今原課長

議題

  1. コミュニティチャンネルの取り組み状況

    • 小学生ソフトボール大会決勝戦、伊勢えび祭、松阪祗園まつり、松阪市議会議員選挙開票速報を生放送で行った。
    • 中継の中で、無線カメラやドローンなど新しい技術を取り入れた。
    • 県内他局からの生配信番組として、CTYから 高校野球三重大会ダイジェスト番組「熱中エール」、ZTVから「鳥羽みなとまつり」「熊野大花火大会」、CNSから「すずフェスTHE LIVE」を受信し放送した。
    • 小学生ソフトボール大会の全チーム紹介、予選リーグのダイジェスト放送、斎王まつり特集等を放送した。
    • ニュース番組の充実にも取り組み、1回の収録の本数増、台風や水難事故への啓発、スタジオゲストコーナー、エリア外への取材、子育てコーナーの放送等に取り組んだ。
    • ドローンの活用を開始し、大紀町の桜、ソフトボール大会の開会式、伊勢えび祭等を撮影し、番組に取り入れた。
    • 災害時の取り組みとして、L字画面の運用の拡充を行った。
  2. 番組に関する意見・感想

    〇コミュニティチャンネルについて
    • 台風の時、L字の避難所情報が必要なのは高齢者。雨音で広報無線が聞こえないのでL字は頼りになる。
    • 緊急時L字放送や河川カメラ・海カメラ映像を通常編成を変更し、長時間、流すのは良い。
    • 「Smile子育て」「ドローンを使ったニュース」は良かった。但し、番組の広報が不足しているのではないか。
    • ドローンで身近な市町の映像を撮影すれば、ネット配信もできるのでは。
    • ニュースは曜日でMCの顔が変わるのも良い。地元密着で明るく楽しい雰囲気が良い。
    • 「Smile子育て」はオムツを替える場所、駐車場など取材が丁寧。利用者が欲しい情報がキチンと盛り込まれていて素晴らしい。文字も読みやすいが、お母さんへのメッセージコメントが長くて読み切れない。工夫を。
    • 小型テレビにL字が出ると放送画面が更に小さくなり文字が読めない。リモコンで出したり消したりできないか。
    • ニュースはゆっくり、何度も流れるので、見逃しが少ない。編成も良い。
    • 大災害時には文字情報等で、地域の細かい情報を吸い上げて放送する体制を整えて欲しい。
    • MC2人の掛け合いが良い。1人の時は「~ですね」と押しつけがましいと感じた時があった。
    • 自分の地域のニュースがないと寂しい。地域毎にバランスを取って欲しい。
    〇行政チャンネルについて
    • (オブザーバー松阪市)市民アンケートを行い、行政チャンネルの視聴について調査した。
    • (オブザーバー松阪市)台風時、倒木は被害情報として扱われない。行政chでこういった情報を扱っていきたい。
    • 行政chの取材時に、放送日の告知をしていない。もっとPRしては。
    • 高齢者は行政chの視聴方法がわからない。リモコンの操作方法等、告知して欲しい。