1. Top
  2. コミュニティチャンネル
  3. お店にGo!
  4. 【2020年9月】 ふれあいの館

お店にGo!

お店にGo!

多気町ふれあいの館

更新日:2020年9月1日

住  所 多気町丹生4894
電話番号 0598-49-4005
営業時間 ふれあいの館 9:00~18:00(冬期は9:00~17:00)
サラダボール 11:00~14:00
定 休 日 年中無休(年末年始・臨時休業有)
リ ン ク ふれあいの館

多気町丹生にある「ふれあいの館」は、多気町から指定管理を受けている川原製茶が運営しています。その名前の通り、「地域の人々のふれあいの場」を目指して8年前にオープンしました。地元野菜や特産品の販売コーナーや、日替わりシェフのランチが食べられる「サラダボール」、川原製茶おすすめのお茶やスイーツがある喫茶コーナーなどがあり、地元の人から観光客まで人気の施設です。

紹介した内容
地元野菜の販売コーナー

館内では、地元の農家から届く朝採れ野菜を販売。新鮮でお値打ちな商品をお買い求めいただけます。

特産品の販売コーナー

地元の特産品や雑貨を販売しているコーナー。こちらは、ふれあいの館の近くにある「丹生大師」の山門修復を記念して作られたバウムクーヘン。味は、プレーンと伊勢茶の2種類あります。贈り物にもぴったりですよ~。

地元老舗和菓子店『大西屋』の人気商品「ときび餅」や、素朴でありながらクセになる、乾燥椎茸を使った「にゅう椎茸せんべい」も販売しています。

川原製茶が厳選したお茶も充実。中でもおすすめなのが、「藪北 緑彩」(税抜1000円)。お食事やお菓子のお供にピッタリです。

サラダボール(チムニーサンド)

「サラダボール」は、日替わり・曜日替わりのシェフの料理が楽しめるお店。プロ・アマ問わず、料理が大好きな人たちで運営しています。この日は、毎週木曜日(祝日除く)担当の「チムニーサンド」さん。普段はキッチンカーでイベントなどに出店し、サンドイッチやドリンクなどを提供していますが、「サラダボール」では、ここでしか食べられないランチをいただくことができます。

本日のランチ 950円(税込)※限定30食
【タンドリーチキン・惣菜3種(山芋・みょうがの酢漬け・じゃこピーマン)・ごはん・
 スープ(冬瓜と挽き肉入り)・デザート(ちょこっとアイス&はちみつレモン)】

見た目も鮮やかな本日のランチ。野菜をたくさんとってもらえるよう、また幅広い年齢の方に食べてもらえるよう工夫されています。特に、メインのタンドリーチキンは絶品!低温調理でとってもやわらかくてジューシー。香ばしさとスパイスのいい香りがご飯によく合います。

「チムニーサンド」さんがサラダボールで日替わりシェフを始めたきっかけは、同じくサラダボールで日替わりシェフをしている「カレーのてちや」さんの紹介。チムニーサンドの丸山さんは、「お店を始めてみたいと思っている方がここでカンタンにチャレンジできる。そういう場としてどんどん声をかけて地元も一緒に盛り上げていければ」と話していました。

そして、日替わりシェフも募集中!「リスクの少ないところから始めたい」「新メニューに挑戦したい」「出店先を増やしたい」など、料理が大好きで、チャレンジしてみたい方を大歓迎しています。
詳しくは、ふれあいの館0598-49-4005にお問合せください。

喫茶コーナー

喫茶コーナーでは、地元農家が作ったお茶を中心に使ったおいしいお茶やスイーツを楽しむことができます。こちらは深蒸し茶と和菓子がセットになった「緑茶セット」(税込450円)。香り豊かで気持ちが落ち着きます。お買い物の後や食後に、ほっと一息、ゆったりと過ごしてみるのはいかがでしょうか。

緑茶セット以外にも、ほうじ茶や和紅茶のセットや伊勢茶のミニパフェなどを販売。期間限定スイーツとして、お茶の粉末をかけて食べるかき氷「こいふる氷」(税込540円・販売は9月末まで)もあります。水まんじゅうにあずき、そしてソフトクリームがトッピングされている、ボリューミーなかき氷です。

川原製茶の川原さんは、ふれあいの館について「丹生地域を楽しく散策してもらい、1つのふれあいの場としてここでほっとしてもらいたい」と話していました。まさに、地域と食と人を結びつける場所ですね!

お店の場所
バックナンバー