1. Top
  2. インターネットサポート
  3. メール設定
  4. 新規にメールソフトの設定を行う場合
  5. Windows Mail の初期設定方法

インターネットサポート

新規でメールソフトの設定を行う場合

Windows Mail の初期設定方法

設定を始める前に、お客様にお渡しさせていただきました『設定項目表』をご用意下さい。
ここでは、Windows Mailでの設定例をご案内致します。
その他のメールソフトにつきましては、それぞれのマニュアルをご確認下さい。


手順1.

Windows Mailを起動させて下さい。

※初めてWindows Mailを起動した時には、『接続ウィザード』が表示されることがあります。
その場合は、手順4へお進み下さい。


手順2.

メニューバーから【ツール(T)】を選択し、【アカウント(A)】をクリックします。


手順3.

『インターネットアカウント』画面で【追加(A)】をクリックして下さい。


手順4.

『アカウントの種類の選択』画面で【電子メールアカウント】を選択し、【次へ(N)】をクリックして下さい。


手順5.

『名前』画面で以下を入力して下さい。

【表示名(D)】 任意の名前(ここに入力された文字列が、メールを送信した時に相手側に届く名前になります)

入力後【次へ(N)】をクリックして下さい。


手順6.

『インターネット電子メールアドレス』画面で以下を入力して下さい。

【電子メールアドレス(E)】 設定項目表の『メールアドレス』(お客様にてメールアドレスを変更されている場合は、変更後のメールアドレスを入力して下さい)

入力後【次へ(N)】をクリックして下さい。


手順7.

『電子メールサーバーのセットアップ』画面で以下を入力して下さい。

【電子メールサーバーの種類(S)】 POP3
【受信メール(POP3またはIMAP)サーバー(I)】 設定項目表の『受信メール(POP3)サーバー』
【送信メール(SMTP)サーバー名(O)】 mail.mctv.ne.jp (設定項目表の記載に関わらず、「mail.mctv.ne.jp」を入力して下さい)
【送信サーバーは認証が必要(V)】 チェックを入れる

入力後【次へ(N)】をクリックして下さい。


手順8.

『インターネットメールログオン』画面で以下を入力して下さい。

【ユーザー名(A)】 設定項目表の『アカウント』
【パスワード(P)】 設定項目表の『パスワード』(お客様にてパスワードを変更されている場合は、変更後のパスワードを入力して下さい)
【パスワードを保存する(W)】 チェックを入れる

入力後【次へ(N)】をクリックして下さい。


手順9.

『設定完了』画面で【完了(F)】をクリックして下さい。


手順10.

『インターネットアカウント』画面で作成したアカウントを選択し、【プロパティ(P)】をクリックして下さい。

※『インターネットアカウント』画面が表示されない場合、手順2の操作で『インターネットアカウント』画面を表示させて下さい。


手順11.

『メールアカウントのプロパティ』画面で【サーバー】タブを選択し、以下を入力して下さい。

【このサーバーは認証が必要(V)】 チェックを入れる

【設定(E)】をクリックして下さい。


手順12.

『送信メールサーバー』画面で【次のユーザー名とパスワードでログオンする(O)】を選択し、以下を入力して下さい。

【ユーザー名(E)】 設定項目表の『メールアドレス』(お客様にてメールアドレスを変更されている場合でも、設定項目表の『メールアドレス』を入力して下さい)
【パスワード(P)】 設定項目表の『パスワード』(お客様にてパスワードを変更されている場合は、変更後のパスワードを入力して下さい)
【パスワードを保存する(W)】 チェックを入れる
【セキュリティで保護されたパスワード認証でログオンする(S)】 チェックを入れない

入力後【OK】をクリックして下さい。


手順13.

『メールアカウントのプロパティ』画面で以下を入力して下さい。

【送信メール(SMTP)(O)】 587
【このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(Q)】 チェックを入れる
【受信メール(POP3)(I)】 995
【このサーバーはセキュリティで保護された接続(SSL)が必要(C)】 チェックを入れる

入力後【OK】をクリックして設定は完了です。