1. Top
  2. インターネットサポート
  3. メール設定
  4. 新規にメールソフトの設定を行う場合
  5. Windows Live メール 2012の初期設定方法

インターネットサポート

新規でメールソフトの設定を行う場合

Windows Live メール 2012の初期設定方法

設定を始める前に、お客様に郵送致しました『設定項目表』をご用意下さい。
ここでは、Windows Live Mail 2012での設定例をご案内致します。
その他のメールソフトにつきましては、それぞれのマニュアルをご確認下さい。

Windows8標準のメールアプリはPOPに対応していないため、MCTVのアカウントをご利用いただけません。
Windows8でMCTVのアカウントをお使いいただく場合、Windows Live Mail 2012のご利用をお勧め致します。
Windows Live Mail 2012は以下の手順でインストールいただけます。

既にWindows Live Mailがインストールされている場合は、手順5へお進み下さい。


手順1.

Windows Essentialsをダウンロードし、実行して下さい。

Windows Essentials(http://windows.microsoft.com/ja-JP/windows-live/essentials-home)のページで【今すぐダウンロード】をクリックして下さい。


画面下部にこの表示が出た場合、【実行】をクリックして下さい。


手順2.

【インストールする製品の選択】をクリックして下さい。

インストール開始時に『ユーザーアカウント制御』画面が表示され、【次のプログラムにこのコンピューターへの変更を許可しますか?】と表示されるので、【はい(Y)】をクリックして下さい。


手順3.

【メール】のみチェックを入れ、【インストール】をクリックして下さい。


手順4.

以下の画面が表示されればインストール完了です。

【閉じる】をクリックして下さい。


手順5.

カーソルを右下へ移動させてチャームバーを表示し、【検索】をクリックして下さい。


手順6.

『アプリ』画面で【Windows Live Mail】をクリックし、起動させて下さい。

※初めてWindows Live Mail 2012を起動させた場合、Windows Essentials 2012 マイクロソフトアグリーメントの画面が表示されます。
問題がなければ【承諾】をクリックし、手順8へお進み下さい。


手順7.

【アカウント】タブを選択し、【電子メール】をクリックして下さい。


手順8.

『自分の電子メールアカウントを追加する』画面で以下を入力して下さい。

【電子メールアドレス】 設定項目表の『メールアドレス』(お客様にてメールアドレスを変更されている場合は、変更後のメールアドレスを入力して下さい)
【パスワード】 設定項目表の『パスワード』(お客様にてパスワードを変更されている場合は、変更後のパスワードを入力して下さい)
【パスワードを保存する(B)】 チェックを入れる
【表示名】 任意の名前(ここに入力された文字列が、メールを送信した時に相手側に届く名前になります)
【手動でサーバー設定を構成する(C)】 チェックを入れる

入力後【次へ】をクリックして下さい。

手順9.

『サーバー設定を構成』画面で以下を入力して下さい。

受信サーバー情報

【サーバーの種類】 POP
【サーバーのアドレス】 設定項目表の『受信メール(POP3)サーバー』
【ポート】 995
【セキュリティで保護された接続(SSL)が必要(R)】 チェックを入れる
【次を使用して認証する】 クリアテキスト
【ログオンユーザー名】 設定項目表の『アカウント』

送信サーバー情報

【サーバーのアドレス】 mail.mctv.ne.jp (設定項目表の記載に関わらず、「mail.mctv.ne.jp」を入力して下さい)
【ポート】 587
【セキュリティで保護された接続(SSL)が必要(R)】 チェックを入れる
【認証が必要(A)】 チェックを入れる

入力後【次へ】をクリックして下さい。


手順10.

『電子メールアカウントが追加されました』画面で【完了(F)】をクリックして下さい。


手順11.

『受信トレイ』画面左側に表示されている作成したアカウント上で右クリックし、【プロパティ(R)】をクリックして下さい。


手順12.

『メールアカウントのプロパティ』画面で【サーバー】タブを選択し、以下を入力して下さい。

【このサーバーは認証が必要(V)】 チェックを入れる
【設定(E)】をクリックして下さい。


手順13.

『送信メールサーバー』画面で【次のアカウントとパスワードでログオンする(O)】を選択し、以下を入力して下さい。

【アカウント名(C)】 設定項目表の『メールアドレス』(お客様にてメールアドレスを変更されている場合でも、設定項目表の『メールアドレス』を入力して下さい)
【パスワード(P)】 設定項目表の『パスワード』(お客様にてパスワードを変更されている場合は、変更後のパスワードを入力して下さい)
【パスワードを保存する(W)】 チェックを入れる
【セキュリティで保護されたパスワード認証でログオンする(S)】 チェックを入れない

入力後【OK】をクリックして下さい。


手順14.

『メールアカウントのプロパティ』画面で【詳細設定】タブを選択し、以下を入力して下さい。

【サーバーにメッセージのコピーを置く(L)】 チェックを外す
入力後【OK】をクリックし、設定は完了です。

※ 尚、Windows Live Mail 2012の詳しい使い方に関しては、マイクロソフト公式サイト等をご参考下さい。