1. Top
  2. インターネットサポート
  3. セキュリティ・ウイルス情報
  4. 一斉メール送信を行われるユーザー様へのお願い

インターネットサポート

一斉メール送信を行われるユーザー様へのお願い

現在、弊社の送信メールサーバでは、ウイルス感染ユーザー様に対する対策としまして、 下記のような送信制限を実施しております。
  • 一斉メール送信の宛先数(To:、Cc:、Bcc:など)が100未満まで
  • 1時間当たりの送信数が300通未満まで
    ※宛先数50のメールを5通送信しますと、送信数は250通になります。
一度送信制限にかかりますと、しばらく(一時間程度)メール送信が不可能になります。
安定したメールシステム運用のために必要な制限ですので、ご了承ください。

背景

現在、ウイルス(もしくはボット)に感染して、大量の迷惑メールを送信してしまう弊社ユーザー様が、後を立たない状況にあります。弊社の送信メールサーバを経由して大量の迷惑メールを送られてしまいますと、提供しておりますメールシステムに多大なる負荷が掛かり、メールの送受信に遅延が発生したり、弊社ネットワークからのメールを拒否されたりする障害が発生してしまいます。

実際、2005年度におきましては、ウイルス(もしくはボット)に感染されてしまったユーザー様のパソコンが、一度に数万通以上の大量メール送信を行ってしまい、半日以上に渡って、全ユーザー様におかれましてメールの送受信を行えなくなるといった障害が数回発生してしまいました。

その対策(予防)といたしまして、2006年度より、大量メール送信を拒否する制限を、調整を行いながら、段階を追って実験的に実施しております。

制限数の調整に当たりましては、弊社ユーザー様の利用状況を慎重に吟味し、かなり余裕のある数を選定してあります。
半年間検証をおこなった結果、99.9%以上のユーザー様におかれましては、上記の制限を受けることなく問題なく利用出来ております。

「一斉メール送信」と、「ウイルス(もしくはボット)感染による大量メール送信」の区別が出来ませんので、一斉メール送信でも上記制限を受けてしまうことになります。

一斉メール送信を行う場合

顧客様へのメールマガジンやお知らせメールなど、大量の一斉メールを送られる必要のあるユーザー様にはご不自由をお掛けしますが、上記背景のような理由により、一斉メール送信におきまして、制限が掛けられていますことをご了承ください。

一度に送る送信先を100未満にして複数回に分けて送信してください。また、300通以上の送信を行う場合には、時間をあけて送信するような方法をお取りください。

対策としまして、メーリングリストサービスと呼ばれるものが、有料/無料にてインターネット上でたくさん提供されております。これらを利用するのもよろしいかと思われます。