ケーブルテレビ

新築・増改築時のケーブルテレビ・インターネット・ケーブルプラス電話推奨工事

新築・増改築時にケーブルテレビ・インターネット・ケーブルプラス電話を導入される場合は、下記のような配線施工を推奨します。

ケーブルテレビ

インターネット

ケーブルプラス電話

インターネットとケーブルプラス電話は、テレビとは別系統で専用の同軸ケーブルを使用します。
これから新築・増改築される場合、パソコン・テレビを設置される部屋にから配管(CD管22φ以上を推奨)をご用意してください。
配管には呼線(リード線)の通線もお願いします。
(以上の工事方法は松阪ケーブルテレビからのご提案です)

  • 上記の図は、別の部屋でケーブルインターネットとケーブルプラス電話をご利用いただく場合の方法になります。
    同じお部屋でケーブルインターネットとケーブルプラス電話の両サービスをご利用いただく場合、部屋内で屋内分配器を利用し施工致しますので、空配管は該当の部屋まで1本ご準備ください。
  • 前もって空配管ではなく、同軸ケーブルを敷設いただく場合は、外来ノイズを防ぐために3重シールド同軸ケーブル、F型接栓端末ユニットをご使用ください。(下記機器参照)
  • その他工事について、不明な点がございましたら、松阪ケーブルテレビまでご連絡ください。
ご注意

新しい造成地などにご新築の場合、電柱上に当社ケーブル線が敷設されておらず、ケーブルの延長工事や電柱使用許可申請等が必要な場合がございます。入居予定の3ヶ月程度前には一度松阪ケーブルテレビまでお問い合わせください。(エリア内であっても、サービスを提供できない場合もございます。予めご了承ください)

2013/3/12 松阪ケーブルテレビ・ステーション(株)