1. Top
  2. 番組審議委員会・番組基準
  3. 第48回放送番組審議会 議事録

番組審議委員会・番組基準

第48回放送番組審議会 議事録

日 時 ※通常会議を中止して委員に対するアンケートを実施
(新型コロナウイルス感染症対策のため)
アンケート
回答者
(放送番組審議会委員)
古市 仁会長、門 暉代司副会長、岡井 一代委員、中世古 二生委員、奥田 清子委員
北岡 和成委員、酒井 由美委員、川口 富弥委員、中江 美春委員、森 かお子委員

議事

    • 新型コロナウイルス感染症対策のため、2021年3月に予定していた審議会を中止し、委員に対しアンケート形式で番組に関する意見を伺った。
  1. コミュニティチャンネル・行政チャンネルについてのアンケート

    【質問1】コミュニティチャンネルについてのご感想
    • コロナ禍で取材活動が難しい中、取り上げる本数や質を低下させることなく、市町のバランスもよく、とてもよく放送している。(同じ意見多数)
    • ニュースが子供から大人まで解りやすくなった。アナウンサーの解説技術も良くなった。
    • この地域から国体に出場する選手を取り上げ、国体に向けての機運を盛り上げてほしい。
      国体ボランティアの募集などを行政とタイアップするのも良いのではないか。
    • やはり映像は新聞などより、その時の様子がよくわかり内容も伝わる。その場の空気感などが味わえるのでこれからも楽しみにしています。
    • オープニング映像がスタジオセットと調和がとれており良い。
    • ドローンを使ったVISONの変遷を紹介する番組はよくわかってよかった。制作する側は大変時間がかかりご苦労かと思いますが、見る側はこの後どうなるんだろう?とわくわくした。
    • 「すぽぉつでござる!」は地域の方々が触れ合える場の紹介になっている。
      「とんと昔があったげな」は、語り部さんの話口調が印象的で、県内の民話も聞いてみたいと思った。
    • コロナ禍で厳しい中であっても、新しい企画が行われ、年々充実してきているのを感じる。あとはせっかくの番組をもっと知ってもらう工夫ができればと思う。
    【質問2】4K制作した特別番組「稲わらアートで地域を元気に!」についてのご感想
    • 先進的な地域活動であり、取り上げたことで、他の活動の活性化など良い影響が出ると思う。今後もこういった先進的な地域活動を伝えるのは有意義だと思う。番組からは、完成に至るまでの工程や関係者のご苦労や団結力の強さを感じた。
    • 何かのコンテストに出せる番組だと思う。稲わらアートに対する思いや情熱、完成した時の感動は素晴らしかった。番組も4Kを意識し、細かく丁寧に制作されており、色々なことが伝わってきた。
    • この番組で活動を初めて知った。水田農業が機械化される中、稲わらの活用などが注目され農業振興や地域の活性化につながればと思う。稲わらの活用は、昔を懐かしむ気持ちにもなった。昔を知るきっかけにもなるのではないか?
    • 自分の知らない地域情報がまだまだあると実感した番組だった。行ってみたいと思う。
    【質問3】新番組「はたらくくるま」についてのご感想
    • 子供向けの良い番組だと思う。ブルドーザーなどは、災害時にも活躍するなども伝えていってもよいのではないか。
    • 普段、当たり前に目にしているくるまでも、一つ一つを丁寧に取り上げ、子供にもわかるように細かく説明されると、大人でも改めて知ることも多く新鮮。また、社会的な仕組みや必要性も考えるきっかけにもなる良い番組である。
    • ニュースMCTV内で扱っているが、ニュースMCTVはニュースとお知らせに留め、単独の放送番組としても良いのではないか。
    • ニュースMCTVの木曜レギュラーとして設定しているが、番組時間や放送頻度もちょうどよいと思う。子供と一緒に見られる。
    • 小二の孫に見せたが反応は芳しくなかった。くるまとともに働く人にも焦点を当てていってもよいのではないか。
    【質問4】行政チャンネルについてのご感想
    • やはりテレビでの伝達は見やすくわかりやすい。なかなか届けにくい(分かりにくく、興味を持ちにくい)行政情報を伝える手段として有効に思う。特に、子供や高齢者層には有効だと思う。(子供・お年寄りが見やすい=他の世代も見やすいといえる)広報誌などと連動するともっと良くなるのではないか。
    • せっかくのいい番組を知らないことがある。番組広報の工夫をすれば、もっと多くの方に見てもらえ、広報の効果も上がると思う。
    • 情報の更新頻度は体制に依存すると思うので致し方ないようにも思うが、重要な広報手段と考えると、体制を拡充し、情報の鮮度を上げたり、情報量を増やしても良いのではないか?
    • 行政chで各市町の首長がコロナに関する啓発をしていたのはよかった。リーダー自らが画面に立ちメッセージを伝える効果はあると思う。また、繰り返しの放送が繰り返しの周知になって良かった。
    • 繰り返し放送がもう少し改善できるとよいと思う。
    • ドローンの景色が紹介されたが、自分の地域を違う角度で見られてよかった。「空からみれば」とまた違った視点でよかった。
      コロナで外出が減る中、地元愛を育てるのに地域を知ることができるテレビ番組の役割は大きいと思う。
    • 行政アナウンサーさんも、ご努力もあってか良くなってきたと思います。
    • よくも悪くも変わらないと思います。
    • 企画番組が充実されてきて、視聴する機会が増えた。
    【質問5】その他のご意見
    • 超高齢者社会に向け、高齢者向けの番組の充実や開発を希望します。
    • フェイスブックやインスタグラムでの市民の情報発信もキャッチし、取り扱ったり番組企画に役立ててもらっても良いのではないか。
    • スタッフの皆様本当にご苦労様です。ご努力もあり番組から明るさが感じ取れます。これはなかなか凄い事だと思います。お体には気を付けてこれからも頑張ってくださ い。
    • 松阪高校と松阪工業高校の合同コンサート「夢の競演2021」は歌声に癒された。
      MCTVの広告チラシに番組紹介が掲載されているが、良い事だと思う。
    • 「すぽぉつでござる!」を目にする事が多い。ヒロスケさんのキャラがよく、観ていて楽しい。いろんなスポーツクラブがあるんだなと関心して観ています。