1. Top
  2. 番組審議委員会・番組基準
  3. 松阪 第18回放送番組審議会 議事録

番組審議委員会・番組基準

松阪 第18回放送番組審議会 議事録

開 催 平成18年3月2日(木)午前10時30分~12時30分
場 所 松阪ケーブルテレビ 2階大会議室
出席者 高岡庸治氏(会長)・古市仁氏(副会長)・東谷泰明氏・上村眞由氏・川口淳子氏・小林克己氏・高橋幸照氏・水野訓行氏(アイウエオ順)
事務局 中村敏雄・眞砂信三・杉本敏孝・今原佐織

議題

  1. 松阪ケーブルテレビ 中村社長挨拶

  2. 番組審議会 高岡会長挨拶

  3. 番組審議会委員1名の交代

  4. 当社の現況について

  5. 自主制作番組について

    (1)平成17年10月以降の取り組み
    • 新聞に番組欄を掲載
    • 職場を紹介する番組への取り組みについて
    • 新コーナー「長いきってすばらしい」の紹介
    • 視聴者から届けられたVTR紹介
    • 高校生参加番組の構築と進捗状況
    (2)平成18年4月以降の取り組み予定
    • 「炎joy青春life」スタート(4月または5月から放送開始)
    • コミュニティチャンネルに愛称をつけたい。(検討中)
    • 県下各局を結んだ生中継に積極的に参画する。
    • 情報ステーションの更新時間変更(検討中)
  6. 番組についてのご意見・ご要望

    • 自然にもっと目を向けて、地域環境について考える番組を放送して欲しい。
    • 明るいニュースばかりを取り上げるのではなく、地域が抱える問題に目を向け、問題提起型の番組を作ってみてはどうか。
    • 合併問題については一段落したが、その後の町の動きが分からない。合併した新しい町を詳しく紹介する番組を作ってみてはどうか。
    • 最近は全国ニュースでも暗い話題が多い。ケーブルテレビで放送される番組は明るい話題が多く見ていると安心する。
    • 番組の更新を次の日の朝に変更することは賛成。放送時間がわかりやすい。
    • 人間関係の絆が伝わる番組を作ってほしい。