1. Top
  2. 番組審議委員会・番組基準
  3. 松阪 第17回放送番組審議会 議事録

番組審議委員会・番組基準

松阪 第17回放送番組審議会 議事録

開 催 平成17年9月16日(金) 午前10時30分~12時30分
場 所 松阪ケーブルテレビ 2階大会議室
出席者 古市仁氏(副会長)・東谷泰明氏・上村眞由氏・川口淳子氏・久保敦子氏・小林克巳氏・高橋幸照氏
事務局 中村敏雄・眞砂信三・杉本敏孝・高井小夜子

議題

  1. 松阪ケーブルテレビ 中村社長挨拶

  2. 番組審議会 古市副会長挨拶

  3. 当社の現況について

  4. 自主制作番組について

    (1)平成17年4月以降の取り組みについて
    • 災害時の避難勧告、交通情報の放送への取り組み
    • 「地域の垣根を取り払うには、まつりが一番」との意見を受け、特別番組として、 斎王まつり・松阪ぎおんまつり・松阪みなとまつり・熊野大花火大会などを放送。
      (まつり以外にも、新松阪市の垣根を取り払うものとして、市議会議員選挙開票速報を放送)
    (2)平成17年10月以降の取り組みについて
    • 高齢者や高校生にスポットを当てた新コーナーを企画し幅広い視聴者の獲得に取り組む。
    • 夕刊三重に番組表の掲載予定。
  5. 番組についてのご意見・ご要望

    • 放送番組の果たす役割というのは大きい。まつりにしても準備の苦労などを取り上げてもらうと良いのではないか。
    • 番組は現代の姿を現すだけでなく、視聴者を啓発し導いていくのも大きな役割ではないか。
    • コミュニティチャンネルは、郷土を守っていくような理念で番組を作って欲しい。
    • 災害情報のひとつとして休校情報を流してもらえないか。
    • 小・中・高校生向けに将来について考える番組を作って欲しい。