はじめに
このアクセスカウンターはMuhammad A Muquit氏によるものです。
またこの設定マニュアルはMuquit氏の Count 2.5 example page をもとに作成したものであり、非公式のものです。


HTMLの記述
ファイルの表示させたい部分に以下のタグをお書きください
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?df=xxxxxx.dat">

"df="のdfはデータファイルを表し、通常カウントデータファイルは”ユーザーID.dat"で定義されています。
この基本的な書式に" | "、" & "で後述するオプションを追加していきます。(オプションの指定に順番はありません。)

  
オプション詳細
  1. フレーム幅
  2. フレーム色
  3. コンマを表示する
  4. 回転させて表示
  5. デジタルスタイルの指定
  6. 表示色の変更
  7. ネガティブ表示
  8. 透明化
  9. 表示桁数
  10. 時計表示


フレーム幅
ft=XX   で指定します。(XXは0以上の整数)ただし1はフレーム非表示を表します。
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?ft=1">
./gif/c2.gif (325 バイト)
カウントデータファイル指定無しのため数値はランダム表示となります。
特に"ft=1"はフレーム枠無しとなります。
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?ft=6">
./gif/c3.gif (504 バイト)
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?ft=10&df=x.dat">
./gif/c4.gif (579 バイト)


フレーム色
  
frgb=色   で指定します。(色は小文字英数字で指定)
RGB16進数による指定
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?frgb=ffd700&df=x.dat">
./gif/c5.gif (501 バイト)
RGB10進数による指定
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?frgb=255;215;0&df=x.dat">
./gif/c6.gif (502 バイト)
RGBコンフィグによる直接指定(色は小文字英数字で指定)
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?frgb=gold|df=x.dat">
./gif/c7.gif (496 バイト)


コンマを表示する
  
"comma=T"をオプションに付加します。
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?ft=0|df=x.dat|comma=T">
dcomma.gif (538 バイト)


回転させて表示
  
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?ft=0|rotate=Y|df=x.dat">
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?ft=0&degrees=180|df=x.dat">
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?ft=0&degrees=90|df=x.dat">
./gif/c8.gif (317 バイト)./gif/c9.gif (314 バイト)./gif/c10.gif (312 バイト)
右回転の指定となります。


デジタルスタイルの表示
  
"dd=X"の形で指定します。現在のところA?Eまで指定が可能です。
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?dd=A|df=x.dat">
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?dd=B|df=x.dat">
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?dd=B|frgb=69;139;116&df=x.dat">
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?dd=C|df=x.dat">
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?dd=D|ft=3|df=x.dat">
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?ft=2&frgb=000000&dd=E|df=x.dat">
./gif/c11.gif (517 バイト)
./gif/c12.gif (2227 バイト)
./gif/c13.gif (2235 バイト)
./gif/c14.gif (1009 バイト)
./gif/c15.gif (298 バイト)
./gif/c16.gif (210 バイト)


表示色の変更
  
ある特定した色を他の色に変更します。
"srgb="で変更前色、"prgb="で変更後色を指定。
例では表示されるカウンタのgreenの部分をredに変更しています。(RGB16進数指定)
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?df=x.dat|srgb=00ff00|prgb=ff0000">
./gif/gr2rd.gif (553 バイト)


ネガティブ表示
    
"negate=T"でネガティブ表示することができます。
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?negate=T&dd=A|df=x.dat">
./gif/c17.gif (472 バイト)


透明化
"tr=Y"、または"tr=T"で透明化を指定します。("tr=N"、"tr=F"で透明化解除)
"trgb="で透明化する色を指定します。
RGB16進数指定によるwhite(白)の透明化
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?dd=E|ft=0|tr=T|trgb=ffffff">
./gif/ct1.gif (177 バイト)
RGB10進数指定によるWhite(白)の透明化
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?dd=E|ft=0|tr=T|trgb=255;255;255">
./gif/ct2.gif (185 バイト)
blackを透明化
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?dd=A|tr=T|trgb=000000&df=x.dat"> (RGB16進数指定)
or
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?dd=A|tr=T|trgb=0;0;0&df=x.dat">    (RGB10進数指定)
or
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?dd=A|tr=T|trgb=black&df=x.dat">    (RGBコンフィグによる直接指定)
./gif/ct3.gif (561 バイト)
greenを透明化
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?dd=A|tr=T|trgb=00ff00&df=x.dat">    (RGB16進数指定)
or
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?dd=A|tr=T|trgb=0;255;0&df=x.dat">   (RGB10進数指定)
or
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?dd=A|tr=T|trgb=green&df=x.dat">     (RGBコンフィグによる直接指定)
./gif/ct4.gif (561 バイト)


表示桁数
  
"md=X"にて最大表示桁数を指定します。(指定可能範囲は5?10までで先頭から0が付加されます。)
最大表示桁数を5桁に指定
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?md=5|df=x.dat">
./gif/c21.gif (489 バイト)
"pad=0"でzero詰めすることができます。
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?pad=0|df=x.dat">
./gif/c22.gif (339 バイト)


時計表示
  
"display=clock"で時計表示をすることが可能です。
"tformat=12"で12時間表記(デフォルト)"tformat=24"で24時間表記を指定します。
12時間表記
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?display=clock">
./gif/clock12.gif (448 バイト)
24時間表記
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?display=clock|tformat=24">
./gif/clock24.gif (457 バイト)
"display=date"で日付を表示することが可能です。
<img src="/cgi-bin/Count.cgi?display=date">
./gif/date.gif (563 バイト)
"timezone="にてグリニッジ標準時(GMT)との差(4桁で指定)でタイムゾーン設定をすることができます。
timezone=GMT-0700
日本の場合は timezone=GMT+900 となります。