1. Top
  2. コミュニティチャンネル
  3. 地域発見リポート やってみよ!
  4. ページ68:真珠の里

地域発見リポート やってみよ!

地域発見リポート やってみよ! 放送時間はこちら
ページ
68
真珠の里
  • link
  • 68回目のやってみよ!では、志摩市の「真珠の里」で、真珠の取り出し体験をしました!
  • link
    link
  • 志摩市の伝統技術・真珠養殖

    志摩市と言えば美しい海!そしてその海で育った真珠が有名ですよね!真珠養殖は志摩市で昔から受け継がれてきた伝統技術。白黒写真は数十年前の真珠養殖の様子です。市内には養殖業者がたくさんいて、1年を通して真珠の生産に取り組んでいます。そして、真珠の輝きが一番きれいな冬場には、貝から真珠を取り出す「珠出し(たまだし)」が行われているんです。これはやってみたい!ということで、一般向けの体験を行っている「真珠の里」で私も珠出しにチャレンジしました!


  • link
    link
  • どんな真珠が出るかお楽しみ♪

    オーナーの山本さんに教わりながら、貝にナイフで切れ目を入れ、真珠を取り出します。真珠は、春先に核を貝に移植し1年かけて育て、冬場に取り出します。しかし貝によっては核を吐き出してしまうものもあって、ちゃんと真珠として取り出せるのは50%ほどなんだとか。どんな真珠が出るかは取り出してみないとわかりません。ドキドキしながら見て見ると・・・わああ!想像以上の大きさ!8.6ミリの立派な真珠でした!大体7ミリぐらいが多いそうです。うまく取り出せて、もう大興奮でした✌✧

    取り出した真珠は、ネックレスやピアスなどのアクセサリーづくりもできます。私はブローチを選びました。真珠に穴をあけ土台に取り付けたらできあがり。すてきなお土産ができました♪

  • link
  • 真珠は貝の状態によって形も大きさも変わってしまう繊細なもの。取り出してみないとわからないので、貝の状態をチェックしたり、殻の汚れなどを取り除く作業は欠かせないそうです。栄養豊富な志摩の海、そしてこまめな管理で美しい真珠ができあがるんだと学びました。一般の人にも養殖業の一部を体験してもらうことで、志摩の伝統技術を知ってもらうきっかけにもなっています。真珠の里ではほかに、核入れもさせてもらえますよ。志摩市ならではの体験、ぜひトライしてみてくださいね!
ページのトップに戻る